» 精油の種類と効能 精油の種類と効能

精油の種類と効能 精油の種類と効能

アロマテラピーで使用されている精油は、エッセンシャルオイルとも呼ばれています。

精油は香草の花や葉、木々であれば樹皮や樹脂、枝や根、果実や果皮などからも抽出できます。抽出されるエッセンシャルオイルは、脂腺をもつハーブや芳香植物の細胞にあり、脂腺を通って抽出されます。そして植物の種類によって抽出しやすいもの、ローズのようにたくさん花びらを集めないと十分な量のエッセンシャルオイルがとれないものもあり、抽出量が少ないオイルほど価格も高めになります。

精油のもつ効能は芳香植物の種類によって違ってくるわけですが、同じような特性をもつ精油もたくさんありますので、どれを選んでいくとよいのかがわからないでしょう。漢方薬でもそうですが、体に合う漢方は大体飲みやすいと言われており、漢方薬を選ぶ上での判断基準となります。精油、エッセンシャルオイルを選ぶ場合も、嗅いだ香りが心地よい、よい香りだと感じることがいちばんの判断基準となります。はじめて香りにふれたときの感覚を大切にしてオイルを選んでみるとよいでしょう。

また頭痛や冷え症などの特定の症状を改善する目的でオイルを選ぶ場合もありますが、このときもその香りが厭ではないことが大前提となります。アロマテラピーは芳香療法ですから、自分が受け入れられる香りかどうかがとても大事な要素となるのです。