» 妊娠出産とアロマ

妊娠出産とアロマ

・妊娠初期
妊娠すると女性の体はホルモンバランスが妊娠前と変わります。最低でも安定期に入るまではアロマオイルの使用は避けてください。とくに注意したいのはアロマオイルによっては通経作用をもつもが結構あるということです。香りに対する感じ方も妊娠すると変わりますのでオイルの選択を誤るということもおきやすいです。

・妊娠中期~後期
妊娠中期になってもアロマオイルはまだ使わないほうがよいでしょう。ただしこの時期は足の浮腫や腰や背中の痛みといった身体的な問題が増える方もいるでしょうから、そうした症状を緩和する意味で、ベースオイルだけを使用してのオイルマッサージは効果的です。またラベンダーやマンダリンといった精油は妊娠線の予防にもなりますので、状況に応じて薄めて使用するのもよいでしょう(精油を使用してのオイルマッサージを行なう場合は担当医に相談してみてください)。

妊娠後期に進むと、精油を使用して芳香浴を楽しむことができるようになります。ただしアロマオイルを使用する場合は、一応医師に申し出てからにしてください。大抵のオイルなら問題はないはずです。ちなみに妊娠後期におすすめできるアロマオイルは柑橘系のタンジェリンやマンダリンなどで、普段よりも低濃度にして使用します。

なおアロマには分娩作用がある精油もあります。たとえばクラリセージ、ジャスミン、ジュニパー、スペアミント、ラベンダーなどが該当し、これらのアロマは陣痛の痛みを緩和する効果もあります。ただし妊娠後期でもあっても妊娠中については、つねに担当医とアロマの使用について相談をするようにしてください。