» アロマ情報

カテゴリー別アーカイブ: アロマ情報

アロマテラピー

私たちは、無意識のうちに森林浴の効果などを実感しているわけですが、これはむかしから人間が、植物の力をかりて生活してきたこととに由来します。植物の香りというものには心身を癒す効果があることは科学的にも証明されていることです。アロマテラピーを入口として、香りの癒し効果などを活用して健康な毎日をおくることができれば、これは素晴らしいことではないでしょうか。

アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは植物のさまざまな効能を活用した民間療法です。アロマテラピーで使用されるのは芳香植物の精油であり、その香りを嗅いだり精油に含まれる有効成分を体に取り込むことで心身を健康にしていくというものです。アロマとは「芳香」のことで、テラピーは「療法」ですから、植物の香りが鍵となる自然療法ということです。

続きはこちら »

精油の種類と効能 精油の種類と効能

アロマテラピーで使用されている精油は、エッセンシャルオイルとも呼ばれています。

精油は香草の花や葉、木々であれば樹皮や樹脂、枝や根、果実や果皮などからも抽出できます。抽出されるエッセンシャルオイルは、脂腺をもつハーブや芳香植物の細胞にあり、脂腺を通って抽出されます。そして植物の種類によって抽出しやすいもの、ローズのようにたくさん花びらを集めないと十分な量のエッセンシャルオイルがとれないものもあり、抽出量が少ないオイルほど価格も高めになります。

続きはこちら »

精神面での効果

アロマテラピーというと、やはり精神的な効能がいちばんはっきりとあらわれやすく、それを求めて多くの方がアロマテラピーをはじめるのではないでしょうか。香りというものは、反応が非常に早く表れる特性がありますので、自分に合った香りならば、気持ちがぐっと落ち着いたり、すぐにリラックスした状態になるようなことがおきてきます。

続きはこちら »

身体面での効果

アロマテラピーの身体面にあらわれる効果とは、生体の恒常性を高めるというものです。私たちの身体は体温、血圧、呼吸、ホルモンバランスが一定に保たれることから健康な身体を維持できるようにつくられています。生体の恒常性が保たれることで身体の免疫力が高まり、病気になりにくい強い身体がつくられていくわけです。

続きはこちら »

妊娠出産とアロマ

・妊娠初期
妊娠すると女性の体はホルモンバランスが妊娠前と変わります。最低でも安定期に入るまではアロマオイルの使用は避けてください。とくに注意したいのはアロマオイルによっては通経作用をもつもが結構あるということです。香りに対する感じ方も妊娠すると変わりますのでオイルの選択を誤るということもおきやすいです。

続きはこちら »

アロマオイルが作用する3つのルート

アロマオイルは数多くの有機化合物の集合体で、これが気化することで香りとなり、おもに臭覚を刺激してさまざまな効能を生むのですが、オイルの成分が身体に取り込まれるルートは大体3つのルートに分けることができます。

続きはこちら »

アロマテラピー検定

アロマテラピー検定は社団法人日本アロマ環境協会(※1)が行なっている認定試験です。この検定試験は年に2回(5月と10月)行なわれており、グレードは1級と2級があります。

続きはこちら »

私生活で楽しむアロマ

普段私たちの日常生活のなかで用いることができる、手軽なアロマテラピーを紹介しましょう。

続きはこちら »