» アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは植物のさまざまな効能を活用した民間療法です。アロマテラピーで使用されるのは芳香植物の精油であり、その香りを嗅いだり精油に含まれる有効成分を体に取り込むことで心身を健康にしていくというものです。アロマとは「芳香」のことで、テラピーは「療法」ですから、植物の香りが鍵となる自然療法ということです。

アロマテラピーというものを知らなくても、植物の香りで気分が癒されたりすっきりしたりといったことは誰もが経験済みではないでしょうか。アロマテラピーはこうした効果を積極的に取り入れたものであるとも言えるでしょう。

またアロマテラピーが生まれたフランスなどでは、アロマテラピーが代替医療のひとつとして利用されており、体の健康増進効果を活用している例も多々あります。アロマテラピーの健康増進効果は、人間が本来もっている自然治癒力を高めて医薬品に依存することなく健康な体をつくっていくというものです。日本ではフランスのようなメディカルな活用は行なわれていませんが、アロマテラピーは心身ともに健康に作用する自然療法だということは知っておくとよいでしょう。